手作業翻訳版 - 総合トップ 日本語 English 中文 한국어サイトの全メニューを表示
岩崎純一のウェブサイト > 活動総覧(著作・執筆・講義・講話・研究協力・実験協力など)
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

活動総覧(著作・執筆、講義・ゼミ・特別講座・講演・講話会・学会発表、研究・論文・実験協力、総合学術・総合芸術活動、学術・芸術サークル活動、メディアへの取材協力など)

  • 分野別の活動総覧
    (著書、学術・芸術書への寄稿、知覚・共感覚の研究、哲学・精神病理学、岩崎式言語体系の考案、芸術作品への参加、和歌の制作・解読と歌会・歌合への詠進、戦史の研究、作曲・音声学、市販雑誌・ウェブマガジン・テレビからの取材、トークライブ)

岩崎純一総合アーカイブ(著作物・私蔵貴重書目録及びリポジトリ)


◆掲載に当たっての解説

● 主に、私の著作・執筆や、私が学者・教員・研究者・学生などからご依頼を頂いておこなった講義・ゼミ・特別講座・講演・講話・学会発表、研究・論文・実験などへの協力、その他の学術・芸術活動、メディアへの取材協力などを網羅的に列挙しています。(敬称略)

● もっぱら第三者(著者や実験実施者)のみが私の共感覚などに言及して下さった著書や論文で、私自身が直接に参加していないもの(すなわち、第三者による「岩崎純一研究」、「岩崎純一論」などに該当するもの)については、掲載媒体にまとめてあります。

● 特筆すべきもののみを挙げています。

● とりわけ自然科学系の実験協力については、大学など当該機関のサイトにすでに公表されているもの、または協力の事実の掲載許可が得られたもののみを挙げております。掲載が許可されていないものについては、全部または一部を掲載しておりません。また、リンクが禁止された実験や論文にはリンクしておりません。

● 私と各大学・研究機関との契約書面や依頼書に記載されている私の身分の名称は、下記の通りです。これまでに、数十の大学に関わってはおりますが、誤って「教授」、「准教授」、「講師」、「非常勤講師」、「助教」、「助手」などの、大学の勤務者・所属者に与えられる職階の名称を用いて私を紹介なさらないよう、ご注意いただければ幸いです。
 ただし、一般的な「講演講師」の意味で「講師」、「短期の講師」や「臨時の講師」の意味で「非常勤講師」や「特別講師」の名称が与えられたり、ある大学の「招聘講師」が別の大学の「特別講師」、ある大学の「ゼミ講師」が別の大学の「特別招聘講師」に該当したりしていますので、私への公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)などに際してお困りの場合、私にご連絡下さるほか、各大学にも随時お問い合わせ下さい。

 → 私が講義・ゼミ・特別講座・講演・講話会・実験協力などを行った大学などへのリンク

※ 講義・ゼミ・特別講座・講演・講話会における立場
 講師、講演講師、特別講師、招聘講師、特別招聘講師、ゲスト講師、ゼミ講師、講座講師、短期講師

※ 研究・実験・学術論文における立場
 研究協力者、実験協力者、協力者、研究アドバイザー、実験講師、被験者、共感覚者、共感覚当事者、共感覚保持者

● ネット上に実験内容の一部または全部が公開されている場合は、そのアドレスにリンクしてあります。

● 今の日本のどの学術分野が共感覚に関心を持っているのか、動向が観察されて興味深いと思います。

● 私(岩崎純一)個人につきましても、世相を反映してか、私が最も強く希望する哲学的・純学術的なご関心よりは、私の共感覚や絶対音感を生み出している私の脳や身体の神経学的・化学的・電磁気的メカニズムを知りたいという自然科学方面からのご関心と、日本の文化・伝統産業のうち現代のビジネスにとって実用的・広告的な要素を取り上げた分野(デザイン・色彩・衣服・生活・家政など)からのご関心が多くなっています。

● また、共感覚者は女性に多いとの結果が世界的に出ておりますが、私の共感覚を研究して下さっている研究者・教育者・学生も多くが女性であり、日本においても共感覚に関心のある方は女性に多いことが見て取れます。