手作業翻訳版 - 総合トップ 日本語 English 中文 한국어サイトの全メニューを表示
岩崎純一のウェブサイト > 法令に基づく表示
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

法令に基づく表示

 岩崎純一の著作物の管理等を行う個人事業所(岩崎純一学術研究所)と、各種の法令に基づく表示および解説です。

 ご不明な点がある場合、メールをお送り下さいますようよろしくお願い申し上げます。公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)個人メール(ご質問、私信など)メールフォームのいずれでも結構です。


事業の概要および「甲乙」の定義

 岩崎純一学術研究所は、岩崎純一の著作物の管理等を行う個人事業所としての屋号です。

 岩崎にご依頼いただいております仕事・事業の内容は、多岐に渡っており、目的ごとに遵守すべき法令等も異なっておりますので、随時ご注意・ご相談いただければ幸いです。

 仕事の見積依頼・仮依頼を頂き次第、本研究所の所在地、電話番号などの情報を遅滞なく提示いたします。

 当ページに記載する「甲」および「乙」とは、下記を意味するものとします。

◆甲・・・乙に対し、講義、ゼミ、特別講座、講演、講話会、学術研究・調査、実験協力、著作物の執筆・制作等の依頼を行うか、または乙の著作物の購入・使用を要望・注文し、これらの事実が明記されている契約書面を乙との間に締結し、これらの対価として、乙に対し謝礼、報酬、講演料、実験協力費、印税、制作料、和歌詠進料、作曲料、著作物使用料、購入代金などの名目で支払う法人、団体、個人

◆乙・・・岩崎純一(コンテンツやサービスの提供者)および岩崎純一学術研究所


謝礼等の支払いについて

 乙の講義、ゼミ、特別講座、講演、講話会、学術研究・調査、実験協力や各種の著作物の制作・使用について甲が乙に支払う対価が、謝礼、報酬、講演料、実験協力費、印税、制作料、和歌詠進料、作曲料、著作物使用料などである場合(購入代金、買取価格でない場合)、民法や各種の税法のみならずご依頼者の所属機関(大学、会社など)の内部規程にもご注意下さい。


「各種の著作物」の定義

 当ページに記載する「各種の著作物」とは、当「岩崎純一のウェブサイト(各ブログを含む)」で扱う以下の著作物を指すものとします。

◆講義、ゼミ、特別講座、講演、講話会、学術研究・調査、実験協力などの際に制作・使用した著作物(電磁気的記録データを含む)、知覚・共感覚に関する著作物(電磁気的記録データを含む)、和歌・和歌集・歌道に関する著作物(電磁気的記録データを含む)、岩崎式日本語・岩崎式英語などの人工芸術言語やその他の言語学的著作物(電磁気的記録データを含む)、音楽(電磁気的記録データを含む)、サイト・ブログ内の文章・画像・音声・動画、HTMLソースや動的プログラムなどのプログラミング・形式言語の記述、著書(電子書籍を含む)や学術誌などの媒体に掲載された著作物(文章・画像など。出版社が権利を有する装丁・表紙・奥付などは除く)など、乙による全ての著作物


国際条約、著作権法およびクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づく表示

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの適用


クリエイティブ・コモンズ
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 岩崎純一各種の著作物の多くは、日本国の著作権法、ベルヌ条約・TRIPS協定等の国際条約・法、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンス(CC BY-NC-ND 4.0)等の下に提供されています。

CCバージョン4.0表示−非営利−改変禁止リーガルコード
同コモンズ証

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 岩崎純一各種の著作物の一部は、日本国の著作権法、ベルヌ条約・TRIPS協定等の国際条約・法、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-NC-SA 4.0)等の下に提供されています。

CCバージョン4.0表示−非営利−継承リーガルコード
同コモンズ証

 これらの各種の著作物の多くは、乙のメインサイト(http://iwasakijunichi.net/)上またはこれに付随する各ブログ上に存在します。

 著作物の利用についての不明点や、これらのライセンスで許諾される範囲を超えた利用の可能性については、以下よりお問い合わせ下さい。

公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)
個人メール(ご質問、私信など)


「各種の著作物」ごとのご利用について

◆概要

 上記の通り、当サイトに掲載している各種の著作物の多くは、著作権法の規定およびクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンス(CC BY-NC-ND 4.0)の範囲内で利用できるものとします。

 ただし、著作物ごとに特徴的な引用・転載・改変・再配布等については、以下の通り、取り決めるものとします。

◆大学などの研究・教育機関での甲の講義や研究論文中における、乙の著書や乙が寄稿した学術誌(電子書籍を含む)の文章・画像等のご利用について

 が著作権を有する文章・画像等であっても、著書や学術誌に掲載されたそれらの利用の際の不明点については、出版権を有する出版社にもお問い合わせ下さい。ただし、著作権法の範囲内でのご利用(引用等)の場合は、著作権者および出版権者への報告なく、著作者の主張する上記ライセンスに従うのみで(著作者である著者の明示、非営利目的、改変がないことの三点のみで)足ります。

 乙の著書や乙が寄稿した学術誌(電子書籍を含む)の文章・画像等の一部または多くの部分を、著作権法の引用についての規定を越えた範囲で利用・出版しようとしたり、紙媒体や電磁気的媒体に大量にコピーし学生に配布したり研究論文中に使用したりする場合は、出版社にも著者(乙)にもお問い合わせいただく必要がございます。

(元より装丁・表紙・奥付などについては、CCライセンスとは無関係に出版社やデザイナーが権利を有しますので、もっぱら出版社にお問い合わせ下さい。)

◆学術的記述、芸術作品、研究データである各種の著作物のデータのご利用について

 学術的記述、芸術作品、研究データである各種の著作物ごとの引用・転載・改変・再配布等についての詳細は、以下の通りとします。

 講義、ゼミ、特別講座、講演、講話会、学術研究・調査、実験協力などの際に制作・使用した著作物(電磁気的記録データを含む)、知覚・共感覚に関する著作物(電磁気的記録データを含む)、和歌・和歌集・歌道に関する著作物(電磁気的記録データを含む)、岩崎式日本語・岩崎式英語などの人工芸術言語やその他の言語学的著作物(電磁気的記録データを含む)、サイト・ブログ内の全てのコンテンツのうち、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-NC-SA 4.0)が適用されているものについては、著作者たる乙の氏名(岩崎純一)および出典・引用元(「岩崎純一のウェブサイト」の名称およびサイトのアドレス:http://iwasakijunichi.net/)を記載またはリンクし、非営利目的で、かつ元の著作物と同じ組み合わせのCCライセンスで公開する限り、引用・転載・改変・再配布等ができるものとし、著作者への報告の必要もないものとします。

 また、元のデータへのリンクや下のデータが掲載されたウェブページへのリンクは、乙への報告なくいかなるウェブページにも設置できるものとします。

 判断が難しい場合はご相談下さい。

◆様々なライセンス

 そのほか、乙の著作物の一部は下記のライセンスやポリシーの下に提供されています。

オープンアクセス GPL


ご寄付・ご支援および相続税法等に基づく表示

 ほぼ全ての事業(研究、調査、学術資料の無償提供、サイトの運営など)の費用は、岩崎純一の私費、または岩崎による講義、ゼミ、執筆、実験協力などの活動によってまかなわれております。

 第三者からのご寄付・ご支援につきましては、積極的な呼びかけは行っておりませんが、ご寄付・ご支援を希望される方は、メールにてその旨をお知らせ下さい。本研究所の情報(所在地、電話番号、振込先など)を明記した専用の書面を交付させていただきます。

 もちろん、岩崎に更なる仕事をご依頼いただくこと自体も、ご寄付と同じくありがたいご支援となります。

 甲が乙に対し明確に「寄付」の意思および名目によって金銭的支援を行う場合、民法や各種の税法(とりわけ相続税法における相続税・贈与税等の規定)等に従った書面を取り交わし、処理するものとします。また、甲が乙に対し、講演や執筆等の直接的な依頼と謝礼等の支払いではなく、目的・用途を指定しない金銭的支援を希望する場合も、寄付の扱いとして同様に処理するものとします。

 ただし、乙の事業の学術性・非営利性・理念などに鑑み、金融商品取引法や資金決済に関する法律等が適用される投資型クラウドファンディングに該当する寄付のご要望については、基本的に辞退いたします。


特定商取引に関する法律に基づく表示

当表示が適用される当サイト内の特定商取引について
(「各種の著作物」が特定商取引に関する法律に規定される通信販売が扱う商品となる場合の限られた条件)

 乙が提供するコンテンツやサービスのうち、同法に基づく表示が適用されると考えうる取引(特定商取引)は、下記の通りとなっております。

◆乙に対する新たな著作物の制作の依頼者たる甲や乙の既存の著作物の使用料・購入費の負担者たる甲との間に当該著作物について発生した金銭の授受の契約の締結および金銭の授受の意思表示が、甲乙間の対面を伴わず、電子メールの送受信や契約書面の郵送のみによって行われ、かつ当該著作物を明らかに「商品」、甲が支払う対価を明らかに「購入代金」と見なしうる取引(「通信販売」と解釈できる商取引)

 甲が乙に支払うべき対価が、謝礼、報酬、講演料、実験協力費、印税、制作料、和歌詠進料、作曲料、著作物使用料などである全ての取引は、特定商取引には該当しておりません。

 従って、以下の各ページの支払方法の説明において「購入」や「買い取り方式」の場合のみが、特定商取引に該当する可能性があります。

公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)
和歌の購入・使用のご要望、和歌の制作のご依頼はこちら
楽曲の購入・使用のご要望、作曲・編曲のご依頼はこちら

 ただし、乙の講義や執筆活動や著作物(和歌や楽曲)の提供に伴う甲乙間の金銭の授受の形態が「謝礼」となるか、「印税」となるか、「著作権使用料」となるか、「購入費」となるかなどを、甲乙間の電子メールまたは郵送物によるやり取りの開始までに確定することは不可能であり、大学などにおける講義の依頼などの場合は、特定商取引(通信販売など)と見なすことが困難であるばかりか、依頼した法人(甲)がその事業所の所在地・電話番号を法令に従って乙に先立って乙に提示することが義務付けられているため、乙の事業所の所在地・電話番号については事前に公示せず、もっぱら乙が発行する見積書、契約書、納品書、請求書、領収書などに記載しております。

 乙の講義、ゼミ、特別講座、講演、講話会、学術研究・調査、実験協力や乙の各種の著作物の制作・使用について甲が乙に支払うべき対価の種別とその取引方法は、極めて多岐に渡るほか(謝礼、報酬、講演料、実験協力費、印税、制作料、和歌詠進料、作曲料、著作物使用料など)、法令以外に、講演等の依頼者たる大学・研究機関等の法人・団体の謝礼規程などに束縛されるため、対価の種別および取引方法を個別具体的に記載した契約書面を締結して取引等を行うものとします。必ず該当する法令および甲が所属する法人・団体の内部規程を適用かつ厳守して下さいますようお願い申し上げます。


特定商取引に関する法律に基づく表示

◆事業者名

岩崎純一(個人事業主および主たる事業者名)
岩崎式日本語研究会(非法人)
大日本帝国陸軍岡山歩兵第10連隊・岡山近衛兵将校子孫会(非法人)
余情会(非法人)
日本共感覚研究会(非法人)
超音波知覚者コミュニティ東京(非法人)
IJ ART MUSIC(非法人)
岩崎純一さんのお話を聴く会(非法人)
続 岩崎純一さんに会いたい会(非法人)
岩崎純一さんとの合同勉強会(非法人)
コンフィデンシャル・レディース東京(非法人)

◆代表者氏名

岩崎純一

◆事業所の所在地・電話番号

 乙の講義や執筆活動、著作物の提供に伴う甲乙間の金銭の授受の形態(「謝礼」となるか、「印税」となるか、「著作権使用料」となるか、「購入費」となるかなど)を、甲乙間の電子メールまたは郵送物によるやり取りの開始までに確定することは不可能であり、大学などにおける講義の依頼などの場合は、特定商取引(通信販売など)と見なすことが困難であるばかりか、依頼した法人(甲)がその事業所の所在地・電話番号を法令に従って乙に先立って乙に提示することが義務付けられているため、乙の事業所の所在地・電話番号については事前に公示せず、もっぱら乙が発行する見積書、契約書、納品書、請求書、領収書などに記載しております。

 この「不可能な公示」の「記載の省略」は、特定商取引に関する法律における、販売価格・送料を含めて商品等を購入する際に、消費者が負担する費用を全部表示しない(できない)場合にそれ以外の項目の一部を省略できる規定に基づくものです。

 ただし、以下の各ページの支払方法の説明において「購入」や「買い取り方式」の場合、ご依頼・お申込後の電子メール返信時または見積書の提供時または正式の契約書面締結時に、私の主たる事業所の所在地、電話番号などを先にかつ遅滞なく提供するものとします。

(電子メールでの提供は、書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律の規定に基づくものとします。)

公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)
和歌の購入・使用のご要望、和歌の制作のご依頼はこちら
楽曲の購入・使用のご要望、作曲・編曲のご依頼はこちら

◆商品の販売価格

 乙の講義や執筆活動、著作物の提供に伴う甲乙間の金銭の授受の形態(「謝礼」となるか、「印税」となるか、「著作権使用料」となるか、「購入費」となるかなど)を、甲乙間の電子メールまたは郵送物によるやり取りの開始までに確定することは不可能であり、大学などにおける講義の依頼などの場合は、特定商取引(通信販売など)と見なすことが困難であるばかりか、依頼した法人(甲)がその事業所の所在地・電話番号を法令に従って乙に先立って乙に提示することが義務付けられているため、乙の事業所の所在地・電話番号については事前に公示せず、もっぱら乙が発行する見積書、契約書、納品書、請求書、領収書などに記載しております。

 この「不可能な公示」の「記載の省略」は、特定商取引に関する法律における、販売価格・送料を含めて商品等を購入する際に、消費者が負担する費用を全部表示しない(できない)場合にそれ以外の項目の一部を省略できる規定に基づくものです。

 音楽ファイルなど、販売価格またはその相場が決定している場合のみ、各種の著作物の該当ページに記載いたします。

◆代金の支払い方法、支払いの有効期限

ゆうちょ銀行(従来の郵便振替と同様の方法)、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行

 各種の著作物により、支払いの有効期限が異なります。ご依頼・お申込後の電子メール返信時または見積書の提供時または正式の契約書面締結時に遅滞なく提供いたします。

(電子メールでの提供は、書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律の規定に基づくものとします。)

◆商品の引き渡し時期

 各種の著作物の在庫(コピー可能な電磁気的記録データを含む)がある場合は、その旨を電子メール等で通知し、契約内容に従って、ご依頼・お申込後かつ振込の前に遅滞なく発送、または振込を確認した後に遅滞なく発送いたします。詳細は著作物ごとのページにてご確認下さいますようお願い申し上げます。

 各種の著作物の新作の制作の場合は、振込前の制作となるか振込後の制作となるかは著作物により異なります。詳細は各種の著作物の解説ページに記載しているか、またはご依頼・お申込後の電子メール返信時または見積書の提供時または正式の契約書面締結時に遅滞なく提供致いたします。

(電子メールでの提供は、書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律の規定に基づくものとします。)

◆商品代引き以外の費用

 各種の著作物により送料および振込手数料が異なります。送料は、多くの場合は当方で負担し、振込手数料は、郵便振替のうち当方負担の振替用紙を同封可能な著作物の場合は当方で負担し、それ以外の郵便振替および銀行振込の場合はご依頼者・お申込者でご負担下さいますようお願い申し上げます。

 ご依頼・お申込後の電子メール返信時または見積書の提供時または正式の契約書面締結時に遅滞なく提供いたします。

(電子メールでの提供は、書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律の規定に基づくものとします。)

◆返品についての特約事項

 各種の著作物により返品の可能性が異なります。

 知覚・共感覚関連の著作物については、返品可能です。

 和歌(文字の並び方そのもののご購入)、人工芸術言語文(言語文のご購入)については、返品が不可能です。(文字の並び方や言語が購入者のパソコンのHDDなどの記録媒体に完全に到達し保存されている限り、返品はできませんが、文字や言語の消去・破棄を要求致しません。)

 音楽データについては、データ破損がない限り、返品が不可能です。(データが購入者のパソコンのHDDなどの記録媒体に完全に到達し保存されている限り、返品はできませんが、データの消去・破棄を要求致しません。)

 和歌を記載した物理的な著作物、人工芸術言語文により書いた物理的な著作物、音楽が収録されている物理的な著作物(CD)など、物理的な著作物については、不良品は返品可能です。

 ただし、購入者の過失によって商品に瑕疵が生じた場合は、返品不可能とさせていただきます。

◆返品に対する有効期限

 7日以内にご返品下さい。


個人情報の保護に関する法律に基づく表示

当サイトを介して得られた個人情報の保護について

 当サイト(記載した電子メールアドレスを利用した電子メールの送受信などを含む)を介して得られた個人情報は、個人情報の保護に関する法律に基づき、責任を持って保護致します。


当サイトに掲載している個人情報について

 当サイトに掲載している個人情報は、各個人より掲載の許可が得られたもの、または各個人より当サイト管理者に対し掲載を希望する旨の意志表示があったもの、またはすでに他のサイトで公表され不特定多数の閲覧者によって閲覧・共有されているもののいずれかのみです。