岩崎純一のウェブサイト旧BBS(現在、書き込みはできません。)
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
書き込みの受け付けは終了しました。(現在は閲覧のみ可。)書き込みは新しいBBSをご利用下さい。

[208] Re:[207] 感想 投稿者:純一 投稿日:2011/06/26(Sun) 23:46  

読者様、はじめまして。

> 「感覚」から、むかしの日本や日本人を考察する。ということで、おもしろかったです。

どうもありがとうございます。嬉しい限りです。


[207] 感想 投稿者:読者 投稿日:2011/06/26(Sun) 16:07  

はじめまして。

『音に色が見える世界』を読みました。

「感覚」から、むかしの日本や日本人を考察する。ということで、おもしろかったです。

いまから『私には女性の排卵が見える』を買いに行ってきます。



[206] Re:[205] はじめまして 投稿者:純一 投稿日:2011/06/22(Wed) 19:48  

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

ご質問への回答に当たる内容は、ほぼ拙著で解説してあるかとは思いますが、一応簡単に答えておきます。

>  質問の1つ目が、文字に色が見えていらっしゃる岩崎様は、「文字」「色」「意味」がどのような過程でつながりを持って捉えられるのでしょうか?
> 「見たことがない外国語にも色が見える」と記述されていますが、知らない外国語ということは、「色」と「意味」は関連性を持っていないということなのでしょうか?

ひらがなとカタカナとで色がほぼ同じということから、これらは音声に色を見ていると言えます。一方、読みも意味も知らない文字は、形状に色を見ていると言えます。ただし、いずれにしても、おっしゃるとおり「色」と「意味」とに関連性はあまりありません。


>  二つ目に、例えば「いす」という文字を見なくても、頭の中で「いす」という言葉を想像すると「いす」という文字を見たときと同じような色も知覚されるのでしょうか?

はい、知覚されます。厳密には、頭の中で「いす」という文字を想像すると、「いす」という文字を見たときと同じような色が知覚されます。


>  最後に、幼いころなど、新しい言葉や文字(漢字など)を覚える際にどのように記憶されたのでしょうか?色から文字が想起されることなどはあるのでしょうか?

ほぼ直観像記憶(写真記憶)で覚えたと言えます。
色から文字が想起されることはあると言えますが、意図的に想起する機会はあまりありません。それは、想起できないという意味ではなく、同じような色に見える文字は数十、数百とありますので、想起しようとすると時間がかかるからだと言えます。


[205] はじめまして 投稿者:haru 投稿日:2011/06/19(Sun) 23:11  


 共感覚についてのウェブサイト、興味深く拝見させていただきました。私は共感覚を持っていませんが、共感覚者の方の言葉や文字の記憶の方法・過程に関心があります。
 
 突然で大変失礼かとは思いますが、いくつか質問がございます。不適切な表現などございましたら大変申し訳ありません。

 質問の1つ目が、文字に色が見えていらっしゃる岩崎様は、「文字」「色」「意味」がどのような過程でつながりを持って捉えられるのでしょうか?
「見たことがない外国語にも色が見える」と記述されていますが、知らない外国語ということは、「色」と「意味」は関連性を持っていないということなのでしょうか?
 二つ目に、例えば「いす」という文字を見なくても、頭の中で「いす」という言葉を想像すると「いす」という文字を見たときと同じような色も知覚されるのでしょうか?
 最後に、幼いころなど、新しい言葉や文字(漢字など)を覚える際にどのように記憶されたのでしょうか?色から文字が想起されることなどはあるのでしょうか?
 
もし可能でしたらお答えいただける範囲で、ご回答お願いいたします。


[204] Re:[203] [202] [201] 地震予知 投稿者:純一 投稿日:2011/05/06(Fri) 10:49  

koubou様

返信が遅れまして申し訳ございません。


> 私のお寺は西本願寺の西美濃三十三霊場に登録されております。

残念ながら勘が良くなかったため、調べました。


> その方は前世に空海を生きた方であります
> さて、岩崎さんは霊的波動はお強い方だと御見受けしますが周りに何故か霊能者が寄ってくる(引き寄せてしまう)などの事は御座いませんか?

「前世」や「霊的波動」といった言葉は、昨今はテレビのスピリチュアル番組・超能力番組でも使われるので、本物の仏教の霊験とは区別しなければいけないのでしょうが、確かに私の知人には色々と特殊な方々がいらっしゃいますよ。

共感覚関連で出会った方々には、僧侶や、京都・奈良の寺院の家の血を引く方々もいらっしゃいます。神社の巫女さんも多いです。また、なぜか日本人クリスチャンの知人が十人ほどいます(厳密にはもっといますが)。日本人ムスリムの知人は一人ですが。

いわゆる「霊能者」がいらっしゃるかどうかは知りませんが、ともかく、私はそういう方々から近づかれる傾向にあるようで(嫌ではありません)、将来に向けて哲学・宗教などの話ができる環境は整いつつあるとは言えます。


> また、次に来る関東大震災の事も予知しておられます。

これは、かなり現実的な問題ですので、怖いです。


[203] Re:[202] [201] 地震予知 投稿者:koubou 投稿日:2011/04/29(Fri) 12:35  

お返事、迅速でしらっしゃるのですね。すこし感動いたしました。

さて、タイトルに地震予知と書いてみたものの一切触れずに何だか書き逃げてしまった感があり、(すっかり忘れておりました、失礼)補足いたします。


私は、次期某寺の後継者でありまして まだまだ仏教については勉強中の身であります。学生時代にキリスト教やイスラム教については勉強してまいりましたが、何しろミーハーだったので、西洋かぶれしておったわけです。

齢30を過ぎてから、ふらりと立ち寄ったお寺の住職に見染められスカウトされたわけです。それから、竜を召喚する師匠も徳島におります。一朝一夕に召還など習得出来るわけでもないのでぼちぼち学んでいくつもりですが、(その方は前世に空海を生きた方であります)私のお寺は西本願寺の西美濃三十三霊場に登録されております。豊臣秀吉に縁がある、といえばきっと勘の良い方ならば解るかと存じます。


さて、岩崎さんは霊的波動はお強い方だと御見受けしますが周りに何故か霊能者が寄ってくる(引き寄せてしまう)などの事は御座いませんか? 私の周りは3割は霊能者であり、また私は霊媒体質であります。私の専属の霊能者の先生は、鹿児島の火山噴火のときに生き神様に憑かれてしまい、死ぬ思いをいたしました。そして、先日の地震の事も予知しておられました。また、次に来る関東大震災の事も予知しておられます。

東京にお住まいとの事、貴方みたいな生きる文化遺産が不意に無くなってしまわぬよう、命だけはご自分で管理をして下さいね?

さもないと、日本も可哀想すぎます。では、長文を失礼いたしました。今日はこの辺で。


かしこ


[202] Re:[201] 地震予知 投稿者:純一 投稿日:2011/04/28(Thu) 22:47  

koubou様

はじめまして。非常に嬉しいお言葉をありがとうございます。

まことに由緒ある家柄でいらっしゃるのですね。

おっしゃる通りで、あまり身を削りすぎないようにしなければと自戒しています。

お寺関係者の間で私をどのように取り上げてくださっているのか、興味がありますが、ともかく嬉しい限りです。
私の仏教への興味と言えば、曹洞禅あたりから始まって、今は中論と唯識、特に五感とその融合である共感覚を生起させている阿頼耶識というものを考えております。

などと固いことを書いてしまいましたが、次の著書(最近、タイトルも中身もほぼ決定しました)では、禅と共感覚(対女性共感覚)の関係について思うところを噛み砕いて書いてみましたので、また読んでいただけると嬉しいです。


[201] 地震予知 投稿者:koubou 投稿日:2011/04/27(Wed) 22:11  


はじめまして、岩崎純一さん。私はお寺関係のものです。
貴方の著作、興味深く拝見させていただきました。

ざっと、自己紹介いたしますと私の家は38代も続くお家で、御寺さんの世話役係をさせていただいております。
ざっくり計算で行くと、5〜6代は江戸時代、となると我が家はなんと(!!)室町時代から続くお寺のお掃除役員(庭を世話したりだとか)をやらせてもらっておるわけです。

岩崎さんの保持する 共感覚や対女性共感覚なるものが『普通』でまかり通っていた時代なのですよね・・・。


変な言い方をしますと、岩崎さんは 生きる天然記念物なのだなあ。。 と思いました。 貴方の雅楽、お経に似ています。とても優しく美しい でも厳しい。

まだ、これからの方でいらっしゃるようなのでくれぐれも 摩耗しすぎないよう、ぼちぼち研究して行って下さい。

お寺関係者では、ちょっとしたアイドルなので。。


また、出版されましたら 皆で回し読みさせていただきたく存じます。   


  かしこ


[200] Re:[199] [198] [197] 無題 投稿者:純一 投稿日:2010/09/20(Mon) 22:07  

西さん

> 1+1=10や1+11=100の答えの2種類の数字が一色になるというのには、知らず知らずのうちに持っていた共感覚に対する思い込みに気付かされました。
> 101+1010=1111の式の左側は、十進法のような色に見えているのに、右側では色が変わるというのは、とても不思議で、その計算回路がきれいで鮮やかであるように感じました。

十進法以外の四則演算に感じる共感覚については、めったに調べないので、まだ自分でもよくわかっていないです。「自分には色が見えない記数法がない」ということがわかっているくらいです。

世界のほとんどの人間が十進法を用いているのは、両手の指が十本だからだと思うのですが、中にはそうでない民族も生き残っていて、例えば、八進法で生活している(指ではなく指の股を数える)一部のアメリカ原住民にとっては、僕と反対に、八種類の色による計算が普通で、十進法の色を答えてもらうと規則性がないのかもしれません。


> 遅くなってしまいましたが、お答えありがとうございました。
> 書き込みはあまりしませんが、パソコンを使える時は、必ずサイトを拝見しております。

ありがとうございます。今後とも少しずつ更新していければと思います。


[199] Re:[198] [197] 無題 投稿者:西 投稿日:2010/09/18(Sat) 21:09  

お礼が遅くなってしまい、ごめんなさい。
自宅にパソコンがなく、実家から質問の書き込みをしたのですが、急な予定が入り、実家に行けなくなってしまっていました。

1+1=10や1+11=100の答えの2種類の数字が一色になるというのには、知らず知らずのうちに持っていた共感覚に対する思い込みに気付かされました。
101+1010=1111の式の左側は、十進法のような色に見えているのに、右側では色が変わるというのは、とても不思議で、その計算回路がきれいで鮮やかであるように感じました。

「知らない外国語の文字に色が見えない」とおっしゃる方が多いというお話もあるように、経験や知識の影響も大きいのですね。
条件や状況の違いがわかっていると、それによって感覚の働きが変わるということだろうか、とその感覚をちょっと想像してみると、わくわくします。

共感覚というものは、ある物それ自体からの情報を、非共感覚者より多く顕在意識に上らせる、というようなイメージだったのですが、どうもそれだとお答え下さったようなことには、ならなそうな気がします。

今回のご回答でますます不思議にはなったのですが、なぜか「どんなに想像つかなくても、共感覚は感覚なんだ」という思いが出てきました。
共感覚を固定的なもののように捉える思い込みがあったように思います。

遅くなってしまいましたが、お答えありがとうございました。
書き込みはあまりしませんが、パソコンを使える時は、必ずサイトを拝見しております。


[198] Re:[197] 無題 投稿者:純一 投稿日:2010/09/05(Sun) 19:00  

西さん

お久しぶりです。

> 数学の授業でやった2進法の足し算などは、どのように見えたのでしょうか?
> 1+1=10になるので、共感覚では正解とは違う色を感じるのだろうか、と思ったのですが。

1+1=10(薄水+薄水=青)
1+11=100(薄水+薄水・薄水=紺)
101+1010=1111(薄水・黒・薄水+薄水・黒・薄水・黒=薄黄・薄黄・薄黄・薄黄)

二進法はきちんと記録したことはないのですが、今改めていくつか試してみたら、自分でもかなり面白いことになりました。
基本的には、時期的に二進法よりも先に学習した十進法の「0」と「1」に近い色が見えるので、十進法を基準にしていることは間違いなさそうです。


[197] 無題 投稿者:西 投稿日:2010/09/04(Sat) 15:51  

こんにちは、以前いくつか質問などさせていただきました。久しぶりの書き込みになります。

純一さんは、十代の頃は計算式を見ても色が見えて、それで答えがわかったりしたと、旧ブログで書かれていましたね。
数学の授業でやった2進法の足し算などは、どのように見えたのでしょうか?
1+1=10になるので、共感覚では正解とは違う色を感じるのだろうか、と思ったのですが。


[196] Re:[195] 無題 投稿者:純一 投稿日:2010/07/18(Sun) 14:48  

ぽこちゃん様

ご訪問ありがとうございます。

> 『世界の文字』のくだりは良く分かりませんが,
> これこそ文字と色の共感覚だと思うのですが.
> (私もこのタイプです.)

「読み方を知らない多くの文字にまで色が見える人は少数」という意味ではないでしょうか。

私には、以下のように読み取れました。

「読み方を知っている場合、読み方が同じひらがなとカタカナは同じ色に見える日本人がほぼ100%で、ここまでなら欧米圏の一般的な共感覚研究と対等で、これは共感覚が後天的・学習的なものであることを示唆している。しかし、日本人はこれ以外に漢字をも使用して生活しており、全ての漢字に色を答えられる日本人共感覚者となると、少ない。さらに、読み方を知らない外国語の文字にも色を答える共感覚者は、海外にも日本にも存在する。このことから、共感覚が先天的・前学習的なものであることも示唆される。共感覚は、複数の要因の輻輳である。」

色々な大学の共感覚研究に顔を出していますが、ぽこちゃん様や私のように全ての漢字に色が見える人は珍しいそうですよ。私は、知らない外国語の文字にも色が見えます。私は言語学が趣味で、今は勉強してしまったので、読み方を知らない文字というのは少ないのですが。

結局、「何が共感覚か」ではなく、「何を共感覚と定義するか」のほうが問題であることが示唆されていますので、Wikipediaの説明はかなり的確だと言えると思います。

余談ですが、Wikipediaは今では『ブリタニカ百科事典』などの世界的に著名な百科事典と同じくらいの精度だと感じます。誤りもまだ多いでしょうが、有効活用できると思いますよ。

@のご質問については、例えば、ひらがなとカタカナの五十音表のうち、読みが同じであるのに同じ色に見えない文字が少しあったとしても、共感覚者と言える場合があります。あるいは、文字に色が全く見えないのに、音には色が見える、という共感覚者もいると思います。


> ロシア語,ハングル...うーん見えません.abcやカタカナに似た文字や部位は見えますが.
> インドとか東南アジア,アラビアの言葉も知らずとも見えるものなのでしょうか?
> だとしたらすごいなぁ...

私は、見たこともない外国語の文字にも色が見えます。ハングルにもアラビア文字にも、一応見えます。


> また,排卵が分かるというのもすごいですね.
> 女の子が生理中かどうかが分かる男子は結構多いですが,
> これは単純に臭いから来るものでしょうね...

においで生理がわかるのは、確かに普通でしょうね。私の感覚は、それも含むことは含みますが、女性の体や周りの空気の成分の変化が色や音やにおいで見えることによって排卵や生理がわかる、というものなので。


[195] 無題 投稿者:ぽこちゃん 投稿日:2010/07/17(Sat) 23:18  

Wikipediaから飛んできてたわけですが,
HP,大変興味深く拝見させていただきました.

Wikiの「文字に色が見える共感覚」を読むと,

(Wikiというものの信憑性もありますし,
 どなたが編集されたのか分かりませんが...)
 
『あらゆる漢字や世界の文字のどれを提示しても即座に色を答え、しかもいかなる文字を再び提示しても、全く間違えない〜』

こういったタイプは『日本人共感覚者で少数存在』と有ります.
本当に少数なのでしょうか?
『世界の文字』のくだりは良く分かりませんが,
これこそ文字と色の共感覚だと思うのですが.
(私もこのタイプです.)

@同じ文字は同じ色に見える
⇒見えずして共感覚なのでしょうか?

A漢字に色を感じる
⇒漢字も色がついて見えるのが普通と思っておりました.

B世界の文字
⇒英語のアルファベット(abcは見えます.
同様にロマンス語圏の言葉も,大抵読めませんが色は見えます.

ロシア語,ハングル...うーん見えません.abcやカタカナに似た文字や部位は見えますが.

インドとか東南アジア,アラビアの言葉も知らずとも見えるものなのでしょうか?
だとしたらすごいなぁ...


また,排卵が分かるというのもすごいですね.

女の子が生理中かどうかが分かる男子は結構多いですが,
これは単純に臭いから来るものでしょうね...


[194] Re:[193] [192] [191] 質問です 投稿者:純一 投稿日:2010/07/17(Sat) 22:26  

> そんなサンプルが混ざるリスクもあるけど、でも、婦人科にかかっている女性にしぼれば、誤差が問題にならないぐらい、相当数集まるんじゃないでしょうか。
> 証明するのは、岩崎さんの持つ能力のほうだから、「婦人科にかかる女性」というバイヤスは問題ないと思いますよ。

ありがとうございます。
個人的に協力したいと言って下さる女性は何人もいらっしゃるので、私の能力が衰えないうちに、証明したい夢はあります。

やはり、実験の実施者も女性であってほしい、という個人的な希望もありますね。いくら自分にこのような共感覚があるからと言って、大学の男性の先生方と一緒になって、その先生方の目の前で、見ず知らずの女性たちの性周期を見る能力を披露する気になるかというと、なかなか……。

頑張ります。


[193] Re:[192] [191] 質問です 投稿者:加色混合 投稿日:2010/07/17(Sat) 19:48  

お忙しいところ、早々のご返信をありがとうございます。

なるほど。
そうなると、排卵痛がある女性とか、基礎体温を欠かさず測っていて、かつ有意なぐらい二層に分かれる女性しかサンプルにはならないですよね。
そうなると、実証はかなりむずかしいですねー。

ちなみに私の娘も排卵痛がある、ある、申していたのですよ。月経と月経の間に、卵管のあたりが痛む、と。しかしそれは錯覚だったようです。
本人に、岩崎さんのような力があれば、排卵痛ではないと見抜けて、痛い痛い検査もしなくて済んだのにねー。あ、でも、病気じゃなかったんだからありがたいと思うべきですね。

そんなサンプルが混ざるリスクもあるけど、でも、婦人科にかかっている女性にしぼれば、誤差が問題にならないぐらい、相当数集まるんじゃないでしょうか。
証明するのは、岩崎さんの持つ能力のほうだから、「婦人科にかかる女性」というバイヤスは問題ないと思いますよ。

いつの日か、証明できるといいですね。

最後に、私も最も平凡な「数字に色をかんじる」共感覚だけ持っていますが、とくにどうということもない生い立ちです。
おそらく特別な何かをお持ちの方は、共感覚も、特別なことのように思ってしまうので、自覚しやすいんでしょうけど。私のような鈍感な凡人のなかにも、共感覚持ちって隠れてるんでしょうね。

それでは。


[192] Re:[191] 質問です 投稿者:純一 投稿日:2010/07/17(Sat) 18:35  

加色混合様

ご質問ありがとうございます。

> 本人に、「○日に排卵しましたね?」と確認し、肯定されたということでしょうか。

基本的には、おっしゃる通りの方法で確認しております。ただし、この方法はもちろん、私と懇意にさせていただいている女性に限られますけれども。
稀に、女性自身が「私は今日排卵した」と言った場合でも、私の感覚のほうが当たっていて、女性のほうが誤っていると思われることもありますが、逆に、正確な排卵痛を自覚している女性の場合、私の間違いを指摘されることもあります。

排卵痛を自覚していない女性については、私がその女性の排卵を確認した時と、女性自身に確認しておいていただいた二つの生理期間を元に卵胞期と黄体期を計算した結果得られた排卵日とを比べる方法があります。

すでに専門家の方々の目に触れるような機会は設けてきましたが、まだ実践していない方法の中で一番よい方法は、多くの女性を集めて、専門家の方々にその女性の方々の体温やホルモンの出方から排卵・生理期間を特定していただいた結果と、私が女性を見て描き出した排卵・生理期間の結果の一致率を調べるというものです。ただし、これだと正確な結果を得るのに数か月かかり、また「こういう実験への参加意志のある女性」しか被験者にならず、無作為に色々な女性を選んだことにならないため、むしろ科学的信憑性や精度は落ちると感じております。

どの方法も、一長一短だと思われます。


[191] 質問です 投稿者:加色混合 投稿日:2010/07/17(Sat) 01:26  

排卵日がわかる、というのはどうやって実証したのですか?
本人に、「○日に排卵しましたね?」と確認し、肯定されたということでしょうか。

女性当人で自分の排卵日がわかる人というのは、そう多くはないでしょう。よほど強い排卵痛があるとか?


[190] ありがとうございます 投稿者:ミキ 投稿日:2010/06/09(Wed) 21:32  

本当にお忙しい中…
ご返信ありがとうございます。
リンク飛んで仰天しました。笑

参考とさせていただきます。


[189] Re:[188] はじめまして 投稿者:純一 投稿日:2010/06/09(Wed) 20:12  

ミキ様

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

> 1.合成された文字はどのように見えるのだろうか。

以下に、現行の常用漢字2965字に私が見ている色を全て載せているので、どうぞご興味のある字を色々と御覧になって、遊んで下さい。
http://www.iwasaki-j.sakura.ne.jp/ronbun_ippan/kanji1-2.pdf


> 2.色は周囲の環境によって様相を変化させるが、共役する文字も変化するのだろうか。

基本的に環境の変化によって共感覚も変化します。
ただ、その環境が出現する直前の状況にも左右されます。
(前日が大雨だったら、翌日は少し曇っていても「今日は晴れた」という判断を下すように、直前に見た共感覚色に束縛される)


> 3.共感覚によって想起されたものが、さらに別の共感覚を想起させることはないのだろうか。

私の場合は、連結が途切れない限り、別の共感覚が想起されていきますね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -