手作業翻訳版 - 総合トップ 日本語 English 中文 한국어サイトの全メニューを表示
岩崎純一のウェブサイト > よくあるご質問と回答
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

よくあるご質問と回答

▼Q. 岩崎純一さんはどこかの先生ですか? 岩崎純一学術研究所はどこかの大学の組織ですか?

●A.
 私(岩崎純一)は、仕事を別に持つ在野の研究者で、サイト上にあるほとんどの学術・芸術活動は、副業または個人事業として実施しております。

 私は、現行の学校教育法や教育基本法とは異なる、温故知新の学術世界を構築することを目標として、(学生当時、自分にとっては物足りないと思えた)東京大学教養学部を中退し、東大をはじめとするおよそ50の大学の教員・学生や一般国民・市民の方々に既存の教育界・教育制度の外側から学術研究や講義を提供している、在野の研究者です。
 岩崎純一学術研究所とは、岩崎の屋号であり、どの組織にも属さない自立した任意団体や民法上の組合の複合体です。現在のところ、ほとんどの研究活動を岩崎の私費と個人支援者のご協力によって実施しております。ただし、大学で勉強会を開催したり、大学の講義・ゼミとして会を実施させていただく場合もあります。

▼Q. 岩崎純一さんをテーマに卒論(修論、博論、研究論文、評論など)を書きたいのですが、対談・インタビューの許可は頂けますか?

●A.
 承っております。

 私をテーマに論文をお書き下さった方は多くいらっしゃいますが、大学の卒論が最も多く、学生には優先的に対応しております。公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)個人メール(ご質問、私信など)にてお問い合わせ下さい。

▼Q. 私は大学生ですが、大学で岩崎さんをお呼びする勉強会を開催するには、大学への許可申請が必要ですか?

●A.
 基本的には必要です。詳しくは大学にお尋ね下さい。

 例えばこれまで、大学の授業のコマやゼミ、特別講座として開催した場合には、当然大学に申請がなされております。(大学の法人印や担当教員・研究者の印入りの依頼書をご提供下さいますようお願い申し上げます。)
 一方、会場が大学の一般向けの自由教室・談話スペースである場合や、大学とは関係のない集まり(複数の大学の友人どうしとしての学生による開催)などである場合には、ほぼ申請は必要ありません。ただし、大学の方針によります。
 また、岩崎の公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)個人メール(ご質問、私信など)のページ、法令に基づく表示には、依頼の仕方や権利関係のことを詳しく書いておりますので、そちらもご参照ください。
 これまでに私を研究して下さったり講義・ゼミに呼んで下さっている大学教員・学生は多岐に渡りますが、おもな大学は講義・ゼミ・特別講座・講演・講話会・実験協力を行った大学などへのリンクをご覧下さい。

▼Q. クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで提供されている岩崎純一さんの著作物(文章や画像)を自分のいくつかの文章中に引用したいと考えていますが、その文章は有料の学会誌や文集に掲載される予定です。例えば、「表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0(CC BY-NC-ND 4.0)」とあるライセンスの場合、有料の学会誌や文集に引用してはいけないということでしょうか?

●A.
 いいえ。ご自由に、無料で、かつ著作者に無断で、引用していただけます。

 クリエイティブ・コモンズが規定・標榜する「非営利」ライセンスとは、このライセンスが適用された著作物(の全部または一部)それ自体を著作者以外の利用者が有料で頒布・再配布してはならないことのみを意味するもので、別の著作者や出版社による有料著作物(書籍、雑誌、芸術作品など)の中に引用・使用してはならないことを意味するものではありません。
 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下では、日本国の著作権法やベルヌ条約・TRIPS協定等の国際条約・法で許可されている著作物の(著作者に無断での)私的使用や引用の全てが可能であり、このことは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの全ての組み合わせパターンにおいて認められています。
 これらの許可された私的使用や引用を著作者が阻止する機能や法的拘束力は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスには存在していませんので、ご安心下さい。
 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、むしろ著作物(知的活動の成果)の有意義な再利用・二次的利用を促進するために、原作者自らや二次的著作物の著作者が主張できるライセンスです。大学の紀要、研究報告書、学会資料、博士論文、研究ノート(発刊部数が少ないか発刊されていない無料の著作物)などをウェブ上で公開する際などに、好んで使用される傾向にあります。
 また、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、著作者に無断で著作物を利用する場合に従うべき著作者の意思表示のみを示したものであり、著作者に直接許可を得る限り、ライセンス表示を超えた利用が可能です。

 なお、権利侵害、違法行為と言える著作物の再利用の例は、下記のブログ記事に示したようなものになりますので、ご参照いただければと思います。