手作業翻訳版 - 総合トップ 日本語 English 中文 한국어サイトの全メニューを表示
岩崎純一のウェブサイト > サイト・コンテンツ制作環境など
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

サイト・コンテンツ制作環境など


使用パソコン(マシン・OS)

■使用マシン

 2016年現在、マシンを2台に減らして使用しています。
 ↑ ↑ ↑

 2015年現在、元メーカー製(FUJITSU、NEC、Hewlett-Packard製)のマシン3台をハード・ソフトの両面で改造して使用しています。
 ライセンスや互換性を確認した上で、古いWindowsマシン(XP以前)などから取り出したハード(HDDやメモリなどのパーツ)を現在のマシンに転用し、OS(BSDやLinux)を乗せ換えるなどしています。
 常時複数台のパソコンを所有していると言えば、一見すると贅沢や無駄遣いに見えますが、実際はゴミになるパーツを少なく抑えることができています。全体で(電気代を含めて)メーカーパソコン一台分の運用費もかかっておらず、逆にかなりのエコ運用となっています。

■使用OS・ディストリビューション全般

 以下、OS・ディストリビューションを紹介してみます。
 主に、作業全般を担うOSと、マルチメディア環境に特化したOSとに分かれます。
(すでに使わなくなったものもありますが、過去の使用歴という意味で挙げておきます。)
 私の場合、パソコンでの作業・芸術創作全般(共感覚芸術・言語制作・作曲・和歌制作など)の行いやすさと、パソコンそのものへの知的関心の両方が満たされるような選び方をしているので、ほとんどのOS・ディストロそのものを芸術系OS・ディストロにしてしまっています。
 スクリーンショットを撮るために壁紙を分かりやすくしましたが、作業中に壁紙の色や模様が気になってしまうタイプなので、普段は単色で使っています。これは、人それぞれ性格・気質の問題なのですが・・・。

■FreeBSD(BSD OS 系)

サイト制作環境等 FreeBSD Project(本家公式サイト)
FreeBSD Project(日本チーム)

(主な用途・・・サイトの制作・管理・更新、サーバーとのやり取り、PHP・JavaScriptなどのプログラミング言語、言語学・岩崎式言語体系開発、ウェブサイト閲覧)

 Unix系。米国製。私はBSDよりは以下のLinux群が(使用ソフトや使用目的に合っているという意味で)好みですが、OSとしての魅力はBSDも劣らないと思います。

■Debian(Linux OS 系)

サイト制作環境等 Debian(本家公式サイト)
Debian JP Project(日本チーム)

(主な用途・・・サイトの制作・管理・更新、サーバーとのやり取り、言語学・共感覚・精神病理学・和歌関連の文書コンテンツ制作)

 Linux系OSの古参で、Linuxディストリビューションの中でもかなり多く使われています。開発者向けOSだと思います。
 この私のサイトを公開している有料サーバーの「さくらインターネット」が支援しており、ファイル転送、サイトメンテナンスの際に相性がよく、快適なので、使っています。世界の開発者どうしが比較的対等な立場で意思決定をおこなっています。

■Ubuntu(Linux OS 系)

サイト制作環境等 Ubuntu(本家公式サイト)
Ubuntu Japanese Team(日本チーム)

(主な用途・・・LibreOfficeでの文書作成、以下のUbuntu Studio代替環境の構築・使用、ウェブサイト閲覧)

 同じくLinuxディストリビューションで、Debianから派生しています。
 南アフリカ・イギリス(マン島)の二重市民権を持つマーク・シャトルワースを中心に、Canonical社が従業員を雇って開発しており、意思決定は多少トップダウン的・企業的ですが、個人向けのデスクトップ環境としては、Debianよりも好まれるようです。

■Ubuntu Studio(Linux OS 系)

サイト制作環境等 Ubuntu Studio(本家公式サイト)
UbuntuStudioTips(日本チーム)

(主な用途・・・・芸術作品制作の拠点、画像・動画・3DCG・作曲・音楽鑑賞・DAW・MIDI・オーディオ・波形編集などのあらゆるLinux系芸術・音楽環境の構築・使用、言語学・和歌関連データの制作・管理・更新)

 Ubuntuから派生した米国製ディストリビューション。作曲の際に使用するDAWソフト・マルチメディアソフトが充実しており、特にWindows対応のCubaseやDigital Performerを超えうるソフトも充実してきているので、使用しています。

■ArtistX(Linux OS 系)

サイト制作環境等 ArtistX(本家公式サイト)

(主な用途・・・芸術作品制作の副拠点、Ardour・RosegardenなどのLinux向けDAW環境の構築・使用、動画制作などの各種マルチメディア関連作業、ウェブサイト閲覧)

 マルチメディア機能が多彩なLinux系。イタリア製。DebianやUbuntuがベース。ソフトによっては、Ubuntu Studioよりも良好に機能します。

■AV Linux(Linux OS 系)

サイト制作環境等 AV Linux(本家公式サイト)

(主な用途・・・・芸術・音楽関連に特化、音楽制作が中心)

 こちらもマルチメディア機能が多彩なLinux系。カナダ製。Debianがベース。

 場合によっては、DAWソフトがUbuntu Studioよりも良好に機能します。

■Musix GNU+Linux(Linux OS 系)

サイト制作環境等 Musix GNU+Linux(本家公式サイト)

(主な用途・・・・音楽関連に特化、作曲・音楽鑑賞・DAW・MIDI・オーディオ・波形編集などのあらゆるLinux系音楽環境の構築・使用)

 アルゼンチン製。Debianベースで、Ubuntu Studio、ArtistX、AV Linuxよりも音楽に特化したOS・ディストリビューション。
 Linux系音楽ソフトはほぼ全て動くが、音楽以外の不要なソフトを省いたからと言ってそれほど動作が軽くなっているわけではないので、あえて音楽に特化させる必要がないとも言えそうです。

■Windows(Microsoft Windows OS)

サイト制作環境等 Microsoft Windows(日本語公式サイト)

(主な用途・・・Microsoft Officeでの文書作成、Windowsユーザーのサイト・ブログ閲覧者に送るファイルの作成、共感覚関連コンテンツの制作、Cubase・Native Instruments・IK MultimediaなどのWindows向けDAW環境の構築・使用、ウェブサイト閲覧)

 圧倒的シェアを誇るMicrosoft社製OS。現在は、Windows 7 と Windows 10 を併用しています。
「MacユーザーやLinuxユーザーがパソコン通で、Windowsユーザーが初心者だ」と言う人がいますが、それは「パソコン時代としての現代」を表現するフレーズとして不適切だと思います。OSそれぞれに、長所もあれば短所もあるわけです。
 XPの長期サポートが2014年4月9日に終了したことは一大事件となりました。同月1日の消費税増税が重なったため、3月末の駆け込み需要による家電量販店や通販の混み具合は相当なものでした。


サイト制作環境

■岩崎純一CMSについて(自作のサイト稼動システム)

岩崎純一CMS  2014年より、当サイトのほとんどのページ・コンテンツは、私の独自のCMS(コンテンツマネジメントシステム)である「岩崎純一CMS」によって稼動しています。(従来のブログや掲示板を除く。)
 自分のサイトの規模の拡大に対応するために、自分でサイトの管理システムを作ったという経緯です。
 使用技術については、これまでの以下の各技術の応用がほとんどですが、紹介しきれていないものもあります。

■制作ポリシー

 サイトのマークアップ・プログラムソースは、jQuery本体・掲示板・ブログを除き、テキストエディタを使用して手書き(手入力)で作成しています。
 WordPressなどの既存のCMSは使用せず、自作CMSを構築しています。そのほうが、私としては楽しく感じています。
 普段私は、この自分のサイト以外に、仕事などで5つの法人・団体サイトの制作・更新・メンテナンスをおこなっております。いずれも、別々の方々による別々のサーバー契約が終わった後に制作・管理を委任されたもので、勉強せざるを得ませんでした。あれこれ苦心しているうちにサイト構築やプログラミングに詳しくなったという状況です。
 その中でも特に「岩崎純一のウェブサイト」は、色々なウェブサイト制作技術の実験場でもあります。何事も勉強し続けるしかないと思うので、頑張ります。
※ 必要に応じて改訂する場合があります。

 私の制作ポリシー・モットーは、主に以下の二つです。
◆どのブラウザでもなるべく満遍なく軽快に動作するようにすること。
◆PHP・Perlなどを多分に使用しつつも、動的ページを静的ページに見せかけて、閲覧者が精神的に落ち着いて閲覧できるようにすること。

■使用言語・使用技術全般

 使用しているマークアップ言語・プログラミング言語などを列挙しておきます。

◆言語、スタイルシート
 HTML、XHTML、XML、CSS、PHP、JavaScript、Perlなど
◆ライブラリ、プラグイン、テンプレートエンジン
 jQuery、WebGL、three.js、Smartyなど

サイト制作環境等 サイト制作環境等 サイト制作環境等 three.js サイト制作環境等

 サイトそのものについては、全体のレイアウトをCSSで書いて、ヘッダやメニューなど各ページの共通部分はサーバーサイド・スクリプトのPHPでインクルードし、全体として静的HTMLに見せています。
 共通部分はSSIでもインクルードできますが、掲示板(BBS)がPerl・CGIなので、XSS(クロスサイトスクリプティング)対策のためPHPで書いています。
 JavaScriptは、オフにしていてもコンテンツの閲覧に影響が出ないアニメーションの部分などだけに、jQueryなどのライブラリとして、あるいはライブラリとセットで使っています。ただし、GoogleやTwitterから借用したプラグインには、JavaScriptを使用したものが多いので、適宜オンにして下さい。
 その他、WebGLやThree.jsは3DCGコンテンツに使用しています。こちらもJavaScriptの動作が必須となりますので、各自ブラウザの設定をお願い致します。

■HTML・XHTML・CSSのバージョンの変更歴

2004(サイト初公開時):HTML 4.01 + CSS2.1
2005:XHTML 1.0 + CSS2.1
2006:XHTML 1.1 + CSS2.1
2014:HTML5 + CSS3(3DCGゲームなどのWebGLLコンテンツのみ)
2015:HTML5 + CSS3(全面的に移行)

■テンプレートエンジン

サイト制作環境等Smarty
 各ページの共通部分はPHPでインクルードし、頻繁に更新する部分はPHP兼Smartyで表示させ、いわば自作の簡易CMS(コンテンツマネージメントシステム)の要領で制作しています。

■サーバー

サイト制作環境等さくらインターネット
 老舗サーバーです。障害対応が早く、良質だと思います。
 PHPが使いにくいなどの以前からあった難点も払拭されてきています。

■テキストエディタ

サイト制作環境等TeraPad
 色々なテキストエディタを使っていますが、基本的にゼロからWebを作るのが好きな自分としては、シンプルなテキストエディタ(Linuxではmedit、WindowsではTeraPadなど)が好みです。HTML・CSS・PHP・JavaScriptなど実に様々な記述に使用しています。

■ファイル転送・通信ソフト

サイト制作環境等FFFTP
 FFFTPはファイル転送ソフトの定番。原作者による開発は終了しましたが、有志の手により改版されています。セキュリティ対策が遅れ気味でしたが、最近はかなり対応できている様子。
 有志の方々による改版

 LinuxではgFTPを主に使用しています。セキュリティ対策としてはgFTPのほうが格段に上ですし、FFFTPはWindows 7以降の64bit OSへの対応が(一応使えるものの)遅かったこともあり、ファイル転送・サーバーへの接続にはほとんどLinuxを使用するようになりました。

サイト制作環境等Tera Term
 サーバーの上階層にSSHで直接乗り込んでPHPなどを引っ張ってくる時に使っています。
 最近はサーバー側で、ファイルの設置階層に関係なくPHPを引き込める仕様に変更してくれているので、このようなソフトでサーバー環境の変更をあえて行わなくても、動的ページの構成が可能になっています。

■フィード生成技術

サイト制作環境等Page2RSS(現在は使用していません。)
 RSSフィード生成に使っています。海外産。栄枯盛衰の激しいフィード生成サービスですが、かろうじて生き残っているサービスの一つで、なぜかあのGoogleがRSS化サービスを停止した時に、ここを推奨。さすがに手を抜きすぎです。
 国産のフィード生成サービスも沢山ありましたが、有償・無償に関係なくほとんど数年で前触れもなくサービスを中止。フィード閲覧自体が時代遅れになりつつあるのでしょうか。

RSS Creater(現在は使用していません。)
 上記Page2RSSが動作を停止したので、代わりに使い始めました。(2014/4/3~)
 昨今は本当にRSS生成・配信の人気がないですね。生成・配信サービスもどんどん撤退しています。

■フィード表示技術

サイト制作環境等Google Feed API(現在は使用していません。)
 ブログのフィードの表示にGoogle Feed APIを使っていました。この技術は、Google Developersの技術の一環でした。
 情報競争の時代におけるGoogleの快進撃はいつまで続くのでしょうか。

サイト制作環境等FeedWind
 Google Feed APIが廃止されたので、こちらに乗り換えました。使い勝手は非常に良いと思います。

■アクセス解析

サイト制作環境等Google Analytics
 アクセス解析をビジネスに活かそうとするような商業・コーポレートサイトでもない限り、不要な解析サービスなのに、私の場合は、以下のThe Webalizerと精度を比較するため、やや強引に導入。
 機能があり過ぎるのは良いとして、閲覧環境によっては動作も重い。解析の精度は、The Webalizerよりは良いが、それほど変わらない。

サイト制作環境等The Webalizer
 高機能フリーアクセス解析。さくらインターネットでも標準搭載。時々おかしな解析をするが、それらを差し引いて読み解いていけば、かなり有効に使えます。

WEB素材配布室
 一見簡素なスクリプト配布屋さんに見えますが、配布物は良質です。良好に機能します。サーバーに合うように、少し改造して使わせていただいています。

サイト制作環境等Google カスタム検索エンジン
 サイト内検索に用いています。
 SEO用の色々な機能が付いていますが、全部が全部有用な機能かどうかは怪しいです。

■マップ機能

サイト制作環境等Google マップ
 超音波スポット報告マップ用に用いています。
 Google マップの閲覧は、IEがやたらと重く、自社開発のGoogle Chromeか、またはFirefoxが軽いです。

■クラウドコンピューティング、オンラインストレージ

サイト制作環境等OneDrive
 Microsoftが提供するサービス。長らくSkyDriveの名称だった。
 私の場合、Windows 7の時にアカウントを取得して使い始めた。Windows 8からSkyDrive アプリが搭載され、8.1からはOSに統合された。その結果、8や8.1を所有するパソコン初心者が誤って自分のC・Dドライブを大公開、などという事態も散見される。
 欧米圏での商標権の問題により、2014年2月に名称がOneDriveとなった。
 仕事では、よほど緊急に誰かとファイルの共同編集をするような事態がない限り、使わなくてもよい機能。私の周りでも、最もセキュリティ意識の低い企業などが詳細を知らずに使い始めている。私の場合、仕事で使う気は毛頭無い。

■CGI/Perlプログラム

サイト制作環境等KENT WEB
 老舗のCGI/Perlプログラム配布サイトです。掲示板のLIGHT BOARDとWeb Patioをお借りしています。少し改造して使わせていただいています。

■SNS・動画サイト

サイト制作環境等mixi
 言わずと知れた国産SNS。最近はTwitterやFacebookの勢いに押されています。シンプルな外観と機能を捨ててゲーム・アプリ拡充に傾注したり、ユーザーの意向を軽視して足あと機能を廃止・復活したりしたのが裏目に出たようです。
 リンク先は私のアカウントページです。

サイト制作環境等Twitter
 最近流行の「つぶやき」とやらはどんなものかと思い、私も始めてみたのでした。そうしたら、やはり「つぶやき」は「つぶやき」、短文であるため、何かを主張したり議論したりするようなことにはあまり使えそうもないと思いました。それらをしようとすると、アフォリズムとして書くしかないので、相当に言葉を選んで書かない限り、簡単に誹謗や喧嘩になると思います。
 私にはブログのほうが使いやすいです。Twitterの雰囲気はあまり好きではないですが、勉強のためにアカウントを持っている状態です。リンク先は私のアカウントページです。

サイト制作環境等Facebook
 遅ればせながら、2017年からFacebookを始めました。

サイト制作環境等Google+
 ほとんど使っていません。私はFacebookがあまり好きではない(Facebookの規約が好きではない)ので、その代わりに試しに使ってみています。
 それにしても、GoogleもGoogleで、規約・アカウント取得・APIなどを色々と組み合わせて考えれば、Facebookと同等かそれ以上のトリックを使用していることが分かります。「情報機関は必ず諜報機関になり、最後は詐欺組織になる」というのは、今の時代に当たり前のように持っておくべき知識でしょう。気を付けて使いましょう。

サイト制作環境等YouTube
 2006年にGoogleが完全子会社化したが、いまだにGoogleらしからぬ独自のサービスを展開。他のGoogleのサービスどうしのような統一感はない。リンク先は私のアカウントページです。


使用ソフトウェア

■使用ソフトウェア全般

 主にマルチメディア系ソフトを載せています。
 OSのプリインストールソフト・付属ソフトや簡易な無料ソフトは、掲載を省略しています。

■MIDI編集ソフト

サイト制作環境等 Rosegarden(本家公式サイト)

 MIDI編集には、Linux系OS・ディストリビューションでは主にRosegarden、WindowsではCubase(別項)を使用。

 Rosegardenは、機能としてはMIDIとFinaleを合わせたようなものになっています。

 WAV書き出しなどの点でCubaseに劣りますが、使い勝手の良さは抜群だと思います。クラシック系音楽の制作に意外にも適しています。

■オーディオ編集ソフト

サイト制作環境等 Ardour(本家公式サイト)

 オーディオ編集には、Linux系OS・ディストリビューションでは主にArdour、WindowsではCubase(別項)を使用。

 ArdourはMIDI編集とオーディオ編集の統合ソフトではないので、やはりそれを求める人にとってはCubaseなどの高級ソフトに分があると思いますが、マルチメディア再生機構の性能(音質・音場など)はWindowsよりもLinux系ソフトがよいと思います。

■総合作曲・音楽制作環境

サイト制作環境等 Steinberg(メーカーサイト)

 私は、Pro ToolsやDigital PerformerよりもCubase派なので、ずっと使っています。USBドングルを紛失しないように気を付けないといけませんが・・・。

 これに好みのVSTプラグインなどを読み込んで、自分仕様の環境を組み立てています。完成度の高いソフトです。

 今後DAWソフトがどのような発展を遂げるのか、関心ももちろんありますが、個人的には、すでに現時点でも「過剰な高機能」への違和感は覚えています。

■ソフトサンプラー

サイト制作環境等 Native Instruments(メーカーサイト)

 Kontakt Playerは、Native Instrumentsが提供するソフトサンプラー。

 オーケストラ音源から電子音楽系音源まで、大抵何でも鳴ります。愛用しています。

 最近は、無料版のものでもかなりの高機能を有しています。

サイト制作環境等 IK Multimedia(メーカーサイト)

 SampleTankやMiroslav Philharmonikなど、IK Multimedia系サンプラーで動く各種ソフトも使用しています。

 iPhoneやiPadで動くアプリも販売されていますが、私はやはりパソコン派ですので、あまり関心はありません。音楽制作は、じっと座って広い画面と向き合ってするほうが好きです。

■3DCGソフト

サイト制作環境等 SketchUp(本家公式サイト)

 SketchUpは、直感的な操作が可能な3Dモデリング・ソフトウェア。
 建築系分野でよく使われますが、文字を建築物に見立てれば共感覚表現にも転用できるという私の勝手な発想から、自分の共感覚を視覚的・立体的に表現する際にも多用しています。所有・開発元が @Last Software → Google → Trimble と変遷しています。

 Linuxでは、主にBlenderを使用しています。機能としては、Blenderのほうが高機能と言えるかもしれません。

サイト制作環境等 Terragen(本家公式サイト)

 Terragenは、地形描画が得意な高性能3DCGソフト。
 私の場合、ランダムに地形を作成して和歌の構想を練るといった使い方になっています。

 とは言っても、やはり現実にはない風景を作るのが楽しいソフトです。よほどのハイスペックマシンでないと動きません。私のマシンでも動きがガクガクします。


サイト・コンテンツ制作のご依頼について

 ウェブサイト・コンテンツ制作のご依頼につきましては、当ページなどをご参考になり、メールにてご依頼・ご要望の内容をお送り下さいますようお願い申し上げます。
 (制作のみか、制作・更新・メンテナンスのセットでのご依頼か、など。)

 一番参考となるのは、当「岩崎純一のウェブサイト」そのものです。当サイトに使用している技術に関するご依頼は、ほぼどれでも可能と判断して下さって結構です。

 現在は、常時5~10ほどの法人・団体・個人サイトの制作・更新・メンテナンスをおこなっております。

 ご希望により、サイト著作者(岩崎純一)の氏名をサイトに記載しないことも可能です。
 (格安にて作らせていただく個人サイト様の場合、記載していただけるとありがたいです。)

 ご不明な点がある場合は、一度ご相談下さいますようよろしくお願い申し上げます。

 公式メール(学術関係、仕事のご依頼など)

 (和歌や音楽などの一般の著作物・芸術作品の制作のご依頼につきましては、それぞれのページにご依頼方法などを記載しております。)